Entry: main  << >>
アグリ知財ニュース vol.243 つるバラの件
こんにちは。アグリ系弁理士の吉永貴大です。
 
何を隠そう、
 
私は動物や植物が好きです。
 
植物の中では、(男子にも関わらず)花が好きです。
 
花の中でも、ランとバラが特に好きです。
 
続きは編集後記で。
 
◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇
 
1.アグリ特許に関するニュース
 
【STAP細胞】3年で2冊はありえない? 科学者の命、「実験ノート」 卒研で週1冊使い切ることも (ITメディア 4/10
 
【発明】ツバキに潰瘍抑制物質 石川県立大教授ら発見 (北國新聞 4/5
 
 
2.アグリ商標・ブランドに関するニュース
 
【地域ブランド】三関せり、地域団体商標登録に認定 JAこまち「ブランド化に弾み」 (さきがけon the WEB 4/10
 
【ゆるキャラ】「しろいしみのりちゃん」を商標登録 白石町の推進協 [佐賀県] (西日本新聞 4/9
 
 
3.品種登録・種苗法に関するニュース
 
【トマト】新種の黒いトマトが体に良いらしい (日刊テラフォー 4/13
 
【トウモロコシ】すす紋病に強いサイレージ用トウモロコシ (全国農業協同組合新聞 4/10
 
【クンシラン】緑の君子蘭花開く 宇都宮の小川さん、熱心に品種改良 (下野新聞 4/8
 
 
4.海外の知的財産に関するニュース
 
【韓国】ウルシの皮の使用めぐり山林科学院と韓方医師が対立 (朝鮮日報 4/13
 
【韓国】「自分の氏名」を商標に、出願数が増加[経済] (NNA.ASIA 4/8
 
 
5.アグリ知財部だより(法律や審査基準の改正情報やアグリ分野の政策情報など)
 
【アグリ知財】知的財産権の活用呼びかける 農水省 (農業協同組合新聞 4/8
 
【大学発明】【生かせ!知財ビジネス】大学は特許訴訟すべきか、否か? (SankeiBiz 4/12
 
【知財管理】企業秘密漏えい、厳罰化検討=海外流出に抑止力−経産省 (時事ドットコム 4/10
 
◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇
 
【編集後記】
 
ランについては、現在、吉永国際特許事務所でも栽培しています。
 
栽培していると言っても、水をあげる程度でほったらかし状態ですが、
 
今年もデンドロビウムの花がキレイに咲きました。
 
昨年になりますが、デンドロビウムが咲いた時のブログもあります→こちら
 
残念ながら2月に開催された世界らん展には行けませんでしたが、
 
5月に開催される国際バラとガーデニングショーには是非行ってみようと思っています。
 
そうそう、何を隠そう、
 
私はバラの中でも「つるバラ」が好きです。
 
枝いっぱいに花を付ける、あの「お得感」がたまりません。
 
つるバラを植えるわずかなスペースさえあれば、あとは空間を最大限に利用して、
 
つるバラの世界を作ることができます。
 
出窓の周りにつるバラを誘引し、まるでおとぎの国のような風景も演出できます。
 
家の壁いっぱいにつるバラを誘引すれば、ゴージャスな緑のカーテンにも。
 
門のアーチにつるバラを咲かせれば、宅配業者も自然と笑顔に。
 
ステム(茎)の長い品種であれば、切り花にして家の中でも楽しめます。
 
花がたくさんついているので、道行く人に
 
「バラ、きれいですね。」
 
などと話しかけられたときに、パチンと切って、
 
「よかったら一本どうぞ」
 
なんて粋なこともできてしまいます。
 
天気の良い休日は、つるバラのカーテンの下で、バラの香りに囲まれながらの読書。
 
時には友人を招いて、ティーパーティーなんてのもいいですね。
 
そして何を隠そう、
 
私にはつるバラを植える庭もなければ、一軒家もありません。
 
今は↑このような妄想だけでつるバラを楽しんでいます(笑)。
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
| 吉永国際特許事務所 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode