Entry: main  << >>
アグリ知財ニュースvol.248 テレビ局のタイムスケジュールが凄い件

こんにちは。アグリ系弁理士の吉永貴大です。

 

ランチタイムに、電話がかかってきました。

 

取り次いでくれたスタッフが、「とても焦っている様子です。」とのこと。

 

何事かと思って電話に出ると、テレビ局の人でした。

 

続きは編集後記で。

 

*******************

 

1.アグリ特許に関するニュース

 

【バイオ】宙に浮いた「STAP細胞」特許 手続き締切日はあと数か月 (J-CASTニュース 6/13

 

【バイオ】STAP特許、取り下げ要求 理研改革委、報告書に盛る (産経新聞 6/11

 

【医薬】明治HD、インドの製薬会社メドライク買収 (読売新聞 6/12

 

【医薬】特許切れ目前、売上高減で改ざんか ノバルティス事件 (朝日新聞 6/12

 

 

2.アグリ商標・ブランドに関するニュース

 

【ブランド】「デニーズ」まねた疑いで逮捕 デリヘル経営者ら3人 (47ニュース 6/12

 

【ブランド】「先制出願」最大の予防 宇治茶の老舗3社、商標無断申請問題 (京都新聞 6/9

 

 

3.品種登録・種苗法に関するニュース

 

【コメ】紫黒米「佐賀40号」登録 (佐賀新聞 6/14

 

【ナタネ】暖地向き無エルシン酸ナタネ新品種「ななはるか」 (みんなの農業広場 6/13

 

【らっきょう】乾腐病に強く味良し 新系統のラッキョウ開発 (日本海新聞 6/12

 

【イチゴ】新品種イチゴ「なつおとめ」収穫…栃木・那須塩原 (読売新聞 6/10

 

【アワ】アワ新品種の栽培始まる 軽米、鮮やかな黄色特徴 (岩手日報 6/3

 

 

4.海外の知的財産に関するニュース

 

【韓国】韓国特許法院、三菱化学の窒化物系赤色蛍光体の特許認める (日刊工業新聞 6/12

 

【中国】中国がフランスと提携し、偽ワインの一掃に乗り出す―仏華字紙 (レコードチャイナ 6/10

 

【中国】タオルの「今治」中国の商標パクリ、ようやく一部駆逐…それでも依然「やったもの勝ち」の中国市場に日本企業・団体も“辟易” (産経新聞 6/7

 

【台湾】「まさか…」台湾当局、ラーメン「神座」の酷似ロゴ容認 (産経新聞 6/6

 

 

5.アグリ知財部だより(法律や審査基準の改正情報やアグリ分野の政策情報など)


【千葉県】千葉銀、特許を評価し融資 (日本経済新聞 6/9

 

*******************

 

【編集後記】

 

電話の主は、TBSの情報番組の担当者という方でした。

 

---------------------------------------------

突然のお電話ですみません!TBSの○○と申します。

△△という番組を担当しているのですが、

今日、特集で中国の抜け駆け商標登録について採りあげることになってまして、

あ、もう番組は始まっているんですが、

インターネットを検索していたら吉永先生が作成した資料を拝見しまして、

それがとてもよくまとまっているので番組で使わせていただけないかと。

吉永国際特許事務所の名前も出すようにしますので、

あ、あと10分後なのでもしかしたら名前を入れるのは間に合わないかもしれませんが、

使わせていただいてよろしいでしょうか?

---------------------------------------------

 

…とまあ、こんな感じでとても急いでいるご様子。

 

もちろん私は、お役に立つなら喜んで、という精神ですから、許可しました。

 

それにしても、テレビ番組って、こんなぎりぎりまで調整しているとは驚きです。

 

それこそ分単位、秒単位のタイムスケジュールなんでしょうね。

 

特許事務所は、例えば新規の特許出願のご依頼をいただいた時は

 

「では3週間後にドラフトをお送りします。」

「審査はだいたい2年前後かかってます。」

 

などと言っているので、

 

テレビ局の人からすれば、なんてのんびりしたところなんだろうと思われるかもしれません。

 

それから約1時間30分後、また同じ人から電話がかかってきました。

 

---------------------------------------------

先程お電話したTBSの○○です。

急なお願いにもかかわらず快く許可していただきありがとうございました。

せっかくなのですが、北朝鮮の拉致問題※で急遽、枠が取られてしまって、

先生の資料は放送することができませんでした。

誠に申し訳ございません。

---------------------------------------------

(※この前日に、日本と北朝鮮との間で拉致被害者の調査が再開されることになった)

 

ズコーッ!という感じで拍子抜けは避けられませんでしたが、

 

拉致問題が進展したのはよいことですから、それで削られたのであれば仕方ありません。

 

むしろ、ご丁寧にお電話いただきありがとうございました。

 

こちらとしては、今後もみなさまのお役にたてるような仕事をしていくだけです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。 
| 吉永国際特許事務所 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode